チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<< 3月は去る/雨が待ち遠しい?/煙害が辛い | TOP | 御天気空気が悪い/パソが?/知人との飯 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    夕立/運動会/竹/彼岸 
    0
       夕立/運動会/竹/彼岸    20140323   

       天気予報の言う雨がやっと此処じじいのお屋敷にも着ました。雨量にして5ミリかな??
       昨日のは、お屋敷から道程で2キロのところは降りましたが、お屋敷には程遠く届きませんでいた。昨年12月15日のチェンライ市街での雨もそうでなかったかと思っています、お屋敷の辺りでは降っていないかと。11月の23日ころの雨がおしまいだったのでは??何て思っています。

       さて本日の雨、弱い夕立、ただ、霰、雹を含んでいました。雨量はまあ5ミリ過疎コロ、埃押さえを遥かに越えていは居るけど、、三月以上も雨のない後なので、雨が降って有難いと言う気にもなれない程度で下。
       15時頃から遠雷が聞こえ始め段々近く大きくなり、風(ダウンストリームのな成れの果て)も付記16時半コロから20分程度の軽い物でした。じじい認定雨量は5ミリかそこら。じじい雨量計(ただの置きバケツ)は乾季中に色々利用し、壊れているので買ってこないといかんのう。。。。いつもバケツ量刑の閣下を見ていての、身勝手認定雨量が5ミリかそこら、お屋敷では10ミリは振っていません。風が強く寝台に雨がかかりましたが、嵐と言うほどの物でもなかったです。タイの夕立、パユなんてものは100メートル200メートル離れただけでも、様子は大違いです。風が吹き始めた段階で、あまり風が冷たくなかったので、大したことはないと思いましたがその通りでした。大したときは数分で、気温が10度以上も下がり寒暖計の四度変化が気温においつかなかったりします。勿論そんなときは大風嵐ですよ。

       この雨で、とりあえず、空気の汚れは可也綺麗になったと思います。ただ雨域が狭いとあすになると回りの綺麗にならなかったものと混ざってもとの木阿弥かもしれませんが。3キロあまり先の小山の見え方からして、此処10日ほどのあいだににだんかイに汚れた分がそれ以前のところまで回復しただろうと思っています。色々な距離にある目標物の見え方から、そう思っています。

       ちなみに15時前コロから、野菜を刻んだりして餃子の餡を作り、まいて被害報告しろとの放送を聴きながら食べ始めました。その数およそ30個余りが一食分。ひき肉が100グラム弱、野菜が150グラムあまりと思っています。お好み焼き一枚分かな?って。 でぶで、ぶって皆さん仁保めて頂いている(そう思うことにして入る)ので、食べ物の量は具体手気に考えることにしていますので。沢山作って焼くとお八つに,夜食新倉でも食べてしまう、節操のない爺なので、今日も、なべに並べ数えつつ、まきました。後50個分位あると思うけど皮が足りなさそうです。買ってくるか、焼き飯の具にするか??明日の朝も同じくらい餃子をまいてご飯もたいて、朝ご飯、昼ごはんのおかずと10時のお八つに,,,(実はこめ、粳米の手持ちが少し心細くなってきているのもあるのです)


       運動会

       本日の運動会。日除けの支柱立て。昨日から穴掘りように水をまいて鶴はして彫りはじめていたのだが、ついにつるはしの柄が折れる。竹製の柄で。折れること3〜4回目、もう駄目ですな。2〜3本地際から切ってきて穴の形の合わせて両側から少し細くして、細い方からあなに嵌め込む。これが丈夫。鶴嘴の穴は楕円形なので、長径側に少し楔を入れるだけで今の柄は5年くらい使った気がする。タケの長さを揃えるのが面倒で、50センチくらい斬ってメートルの割り竹をそのままアーチに立てて、横棒を着けて、2メートル幅の寒冷紗を地上1メートル位に張りました。これで来月末まで持ってくれ。ちなみに古タケで既にかけていた寒冷紗のほうは、この雨で端の竹が一本倒れました。短かったから仮説のつもりっで立てたもの、多分仮設のつもりだったから、穴も浅く、押さえも適当だったのだろう。

       竹に水をまくかなあと思っていた。2月半ばから数回まいては見ているのだが、まくたびにわかがえると言うよりもタケの秋が深まる感じだ。そう落葉が進んでいるように思う。そうしようかと思っていたのだが、、4月末から5月ころに思いっきり水をまくかなあ??近所のおっさんが昨年自分の竹畑にしっかり水をまいて早期の筍をを期待した。出ましたよ、でも水をまく燃料代はでなかったと思う。今年はやっていないもの。まあそれはじじい、エンジンポンプで水をまき始めたと気に無駄な事と指摘したのだけどね、重機も入れて整備した竹畑、元水田で水利権もある土地だと思うのだけど、元学校の先生とかで、見てくれのいい畑を作っているからなあ、、あそこ、農業用水路から落差で水を引き込めるのに。重機を入れた時に、そういう方向の整備をすればよかったものを、エンジンモーターバルブでパイプ完遂(潅水)をする方向にしたものなあ。。落差を利用して2月末から水を引き込んで、地下20センチまでにして放置すれば、銭もかからなくて良かった物と思うのだがなあ。。果て今年はどうなんだろう。少なくとも水はまいていない。
       じじいの竹林はてどうなるのだろう??


       彼岸

       一昨日の金曜日が中日だったらしい。
      日本は休日みたいだったから、来週末から知人が二人二組あそびに来る。タイ語に不自由しない奴らだから、余計うっとうしい。とはいえ大事な奴らだ。

      | 総合 | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:18 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        24日 motoyamaの桜が 開花宣言をしました
        花見にまにあえば いいのですが 
        | ラインのはずれ | 2014/03/26 10:46 PM |
        メールが着かない?代わったとか言っていたっけ?
        送信下さい。
        | や | 2014/03/28 9:07 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/253
        トラックバック