チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<< レインダンスの前に | TOP | 夕立/運動会/竹/彼岸  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    3月は去る/雨が待ち遠しい?/煙害が辛い
    0
      3月は去る/雨が待ち遠しい?/煙害が辛い   20140322 総合

       三月は去る。先月末頃に、二月は逃げると打ち込んでいる。アップデイトしているかどうかは記憶にないが。
       先月末くらいに又、更新をして行こうかと思い、数回更新したところで、何処かの戯けが爺が更新を始めたとだけ爺の管理下ではない掲示板に書いたので、また暫く離れていた。更新するとしたぞとか書くこの手の戯けと、行き成りほとんど全文転載する阿保?間抜け?が居る。で、転載して解説も何もないから、その人の作文かと思ったりしてしまう。古い物だと同じような事を思う同じような駄文を書く人オイルのだなあなどと思いつつ読んだりした事も有る。

       引用も転載も、してはいかんとは言わんけど、それらは引用者、転載者の必要性がわかるものにしとくれよん。そうでないと剽窃。泥棒、じゃあないの?最近はそういう人のことをカワチノカミというらしい、煙管乗車のことをサツマノカミと言うがごとく。

       雨が待ち遠しい。

       チェンライでは100日近く雨がないらしい。
      昨年の12月に何かお祭りがチェンライ日本人の中であったらしく、その時に雨、大夕立だったらしい。爺は知らんかったん天トンしゃん。で、日付けが記憶された。
      以来雨がない、爺のおぼろげな記憶では雨量蜷らない雨が1月ニイッカイ有った気がするが、爺の居た小山では降っても他では降っていなかったのかと思っている。
       とにかく三月あまりまともな雨がない。
      乾季中ずっと雨がない、12月の雨が最後になった。11月も回数は少ないが結構降って居たんだよ!!その後、雨がなかったので、今年は竹の落葉も早くもう新葉が出始めている。田んぼに水が入っているせいかな??
       タクシン蟹さんが高く買う、その価格に合わせて最低賃金も上げたので、タイの米はもう売れない、これは今のことだけではなくて、20年30年単位のこととして売れなくなる。そのためには、多分、コメ価格を上げた分を戻すどころか、半額くらいまで下げないといかんだろう。のうかに儚い夢を見させたタクシン蟹さん。異な蟹善くといつころされるか判らんで〜〜と爺は感じている。タイ人で間共に働いていれば子供、娘を売らんでも良くなったのに、又売るようになるだろうなあ。そのとき憎しみの対象はタクシン蟹さんだものなあ。まあ、日本と違って娘を売春婦に売るというのも日本ほど気にしない国民性みたいだけどね。

       20年チョイ前、米の小売価格なんて5キロで20バーツ前後。皿盛の丼飯(ぶっ掛けご飯)おかず二品4バーツなんて爺食べている物ね、、田舎の出先でワーカーたちと4人で飯食ってコーラかなんか飲んで、40バーツしなかった!!じじい余りにも安いので、思わす値段を聞いたら、他の連中は高すぎたのかとおびえたのを覚えている。
       だってシーロムあたりでは安い飯を探して10バーツからだった物ねえ。
       田舎から進学で出てきて、アルバイトで半分飲み屋、半分飯屋、そんなところで、食う賄がその日の初めての飯だって言う貧乏人階層。今爺の視界から消えている。まだ居るはずだと思う。親と半ば喧嘩して進学した子供、親から十分な援助のない、全く援助のない学生はまだまだ居るはずと思うが!!爺の視野には居ない。これだけ進学率が上がったのだから、そういうのはまだまだ居るはずだが。。
       爺のとっても、昔の日本、爺の若い頃でも、本人が悪いのだが、仕送りを早く使いすぎて、月の一部、いや多くの日々を一日100円、50円とコインを数えて暮らす奴は幾らでも居たものなあ。
      | 総合 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:13 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/252
        トラックバック