チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<< お正月じゃんか | TOP | 霧が晴れるのが遅い >>
日本食材の神戸屋
0
    日本食材の神戸屋       20140102    あtらしい物が好き

     チェンライにやっと出てきたそうです。
     場所はバンドゥーの市場の北側100〜200メートルくらいかと。お車では北遊木に市場を通り越したらゆっくり左側を探してください。緑色の店です。聞く所に寄ると一人暮らしの耄碌爺が買う物は殆どないそうです。チェンマイの頭屋と同じか?

     集まって寿司でも作ろうというときに、少し珍しいネタをと言う所かな??
    神戸屋に行かなくても、今でも生もので10種類くらいのネタは集められるので、
    爺に取っては何を今更、、、と言った感じが強いですが、日本人の草間として気張って料理というときの為に除いておくのは大事だと思います。

     爺今、野菜とかの天婦羅が食べたいですだ!!!
    寿司同様一人では面倒くさい物なので、、
    | 新しいものが好き、 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:10 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://yamanosita.jugem.jp/trackback/237
      トラックバック