チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<<  お天気天気、能天気爺  | TOP | 天気お天気能天気爺  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    キンチェー(精進料理を食う、菜食期間・祭り
    0

       キンチェー(精進料理を食う、菜食期間・祭り

      、ベジタブルフェスティバル)     201

      31005=2

       が、今日から始まる。野菜の値段が上がる時期

      だ。来週13日の日曜日まで。中国系の道教に発

      する物らしい。そして同じく今日はインドから来

      た専属要塞(先祖供養祭)の日でもある。
       だから、インド系の人も多い、プーケットでは

      爺イにとって見慣れないへんてこな見世物がある

      、修行僧?のマネ?からだに針釘を刺したりする

      やつ。其処での行事なんかタイ人でもベジフェス

      なんて呼んだりしてバンコク周辺や、北部地域と

      は違った祭りをする。 爺にとって、町の中心近

      くにある
      お寺に行ってタンブン(献金)してそこで供され

      る食事をしてくる位のものだ。この期間、その気

      になれば朝昼晩、3食ただ飯を食べれます。地元

      の人なんだろうけど大きなピントウ(タイ式重ね

      弁当箱)で、10人前も持っていく人も居る。遠

      慮は要らないけど、やっぱし、ただ飯を食らうの

      は、、、

       さてメモとか、切抜きを見ながら秋の行事の紹

      介を、、、

       13日の日曜日警察の日。警察の運動会?球技

      大会がある日。そういえば翌日は13日地の10

      月14日ではないですか。40年前1973年、

      タイの学生運動で、警察と衝突し犠牲者が出た日

      !日本でもだが、この磁器盛り上がった。ただ、

      はっきりした記憶ではないが、タイの学生運動っ

      て高校生が主役だった気がする。

       出安吾。今年は19日、勿論満月の日。年末年

      始などにもある行事の関係で覚えておく日。この

      次の満月の日がロイカトーン、燈篭流し。その次

      の次の満月の半月後の新月が旧正月。今回は一月

      末か二月の頭くらいからになる。お山ではその時

      期、ラフー、リソー、イウミアン、などが新年行

      事を行う。ラフー、リソー、時期は違うがモンは

      、外来者に取っても楽しめる新年行事がある。爺

      はそれを真冬の盆踊りと言う。そう、日本で言う

      カガイ?果何かのように、、、他集落、他村へ同

      族のそれなりにめかした格好でなら、出入りして

      おねえちゃんを口説いていい。お姉ちゃんは、若

      い衆の品定めにまわる。それが屋外で踊りながら

      、鞠を投げながら公然と出来る。部外者、例えば

      爺、観光客も、踊りなんかには参加できる。イウ

      ミアンだと、日本の正月と同じような物で、ご飯

      食べて、酒を飲んでおしゃべりする。言葉が違う

      ので、外部の物には辛いです。

       これらの中に埋もれて短時間しか行われないけ

      ど、踊りの物陰で、長老たちを中心に、先祖供養

      とか、家内部落内安全、繁栄の祈祷?と言った宗

      教行事?もある。写真を断られたり、フラッシュ

      で弩叱られたりした記憶も、、、これを見たいな

      ら、その集落に,年末から1週間くらい泊り込むつ

      もりで、張り付かないと、

       理由はまだわからないけど、リソーはもちを食

      べる。杵は青竹を毎年削りなおして作った縦杵。

      月のウサギの御餅付のあれです。それも、昼間は

      搗かない、。早朝または夕方以降一応夜に搗く。

      これがお重ねもち風の一個一食分以上の大きな大

      団子餅。大きな物は3キロくらいの物もありまし

      た。
      それぞれの民族が色々な餅を作ります。七夕飾り

      ?もあります。

       一度、旧正月の時期、或いは、来年ならお正月

      の時期でも、彼らの新年行事は見ることが可能で

      す。
      | お山の行事 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 08:44 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/224
        トラックバック