チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<<  鶏肉とチーズのフライ         | TOP |  朝からラーメン  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    お天気天気能天気
    0
       お天気天気能天気爺 20131003

       夜中、厠に行くとき北の空を見たら、可也の星が街灯も増え、明るくなっ

      て見える星も減ったが、少し山に行くと満天の星、星が手二兎どきそうな、

      、と言うくらい見ることが出来る。
      明日雨が降ってその後晴れ、来週になってまた下り坂と言う週間予報。でも

      爺は、台風一過、雨季終了または、雨のなかやすみに入るのでは?と期待し

      ている。中休みと言うのは、まだ10月になったばかり、3週間くらい雨が

      なくてその後1週間以上雨が降るなんてことも普通にあるから。

       たけのこ取の翁をして、一週間くらい先にはもう駄目だろうと言う筍、竹

      を取ってくる、でも、ゆでなかった。皮が剥けんのですわ。茹でてから剥く

      と傷口を濡らすことに成るし〜〜



       負け犬の遠吠え
       ドリップ中のコーヒーをひっくり返す。

       4杯分ずつドリップして旨いところを一杯分取り分けて、すぐ飲む。残り

      は後で沸かしなおして飲む。ペーパードリップを使う爺。これで腕がよけれ

      ばいいのだが、ガハハハ。耄碌爺はドリップちゅうにガス台の上に引っくり

      返す。ガス台の上には昼ごはん用の下ごしらえをした茹で野菜の鍋が、ここ

      にコーヒー豆たちが、、洗っても挽いた豆はいつまでも出てくるのであきら

      めたひるごはん。

       コーヒー豆を挽きなおして、コーヒーを淹れる。エスプレッソと違ってタ

      イでは手間をかける価値のあるコーヒーに成る。豆は炒り方に注文をつけて

      1キロあまりづつ煎って貰っている。ただ浅煎りといってもシティロースト
      あたりまで。ドリップのアメリカン用までは出来ないと。コーヒ栽培地域に

      住んでいる人は,空き缶にいれてプライヤーで摘んでガスででいって居るそう

      な。一回分ずつ煎るそうな。

       耄碌爺は聞いた半キロ一キロは煎れないの?と。






      | 天気、天候 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:00 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/220
        トラックバック