チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<<  毒蛇を見た | TOP |  爺の遠ぼえ  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
     レタスの種蒔き
    0
       レタスの種蒔き      20130928〜3

       レタスの種をまいた。6月に蒔いた物は、一部はんっ結球?のコスタス?うす赤けっこく深いのが、あわせて1キロ弱の収穫苦味が強めだった。第二陣のは本葉3〜7センチの3枚目くらい以降雨に打たれて葉が千切れトンでお仕舞いに。開封して4月近く、もう芽が出ないだろうと思いつつ蒔く。
      早ければ4日目位に芽が出揃うはずの箱まき。今年も挑戦する玉レタス。今の日本の普通のレタス。も蒔いた。未開封のグレートレークなどまだ数袋持っている。余り寿命の長くないたね、これから半年のうちに、蒔くだけ蒔いてしまおうと思っている。だって開封しなくとも死んでいくからね。
      レタスより短命なはずの葱と韮の種も発見、これも箱蒔きにする。葱玉ねぎ韮なんかは爺の手に合わないみたいで、小葱細葱としてもはべるところまでいかないのです。ナスなんかは結構いい線なんだけどなあ、、

      とか言いながら、、、、

       まだしとめていない狸の皮だけは確り数えています。
       

       今でも芽が出るかどうかわからない種(タネ)が他にもいろいろ、それらの一部も蒔きました。。イタリアンベッチ、レッドクローバー、何か柑橘の種。木の種?他もあります。

       今度爺のお願いしていない種を持ってくる人、面倒ミルのも手間ですから、一件3万バーツ(一年)、2万バーツ(半年)、1万バーツ三月も一緒にもって来てください。試して見ますって言う程度の量です。いろいろな種類ですと割引もあります。20種類くらいだとそれ様のビニルハウス/雨よけ,日除けハウスも作ることに成るかと。。

       
       卸売市場にて、白菜安い、キャベツは高い、割合同じような値段で動くと思っていたけど、40バーツと80バーツ、どちらも量は十分あるように思った。爺は芥子菜/高菜を探しにいったが今日もなかった。菜の花は一杯あるんだけど漬物には卸し市場で買うほど旨くない。

      | 長居 ロングステイ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:23 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/216
        トラックバック