チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<< 6月30日  | TOP | チェンライで狂った腕時計 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    夜来の大雨
    0
      夜来の大雨         20130715


       夜来の大雨、=160〜170ミリ

       14時過ぎまでは熱くてたまらない日。草刈りに知って11時頃に、これは暑くてあかんわと、、1,5リットルのペットボトルに本文の水を残しながら帰ってきて、熱い暑いとごろごろしていたのが、15時前からダウンストリームで、急激に冷えてきて夕立其の一。その後17時頃から夕立その2。。

       20時頃までに時間雨量20ミリ越えそうな大雨と時々雷。近くの高圧鉄塔に落ちた感じなので、寝ました。その後も、起きるときも含めて4〜5回雨音で目が覚める。お屋敷の家の周りが排水不良で水没。
      バイクのスタンドを支えきれなくなったぬれた地面。バイクがこける!数年に一回もないこと。大抵は長雨が続いて地面が危ないと板切れなんかを敷いて10センチ四方もあれば十分。それで回避していたのだが。急な一夜の雨で。。

       殆ど雨の止んでいた08時前、バケツ雨量計の水を蹴飛ばし煮、、15センチの持ち歩きようのものさし、全長17センチほど完全水没。まあ17センチくらいの雨、バケツ一杯分の水がたまった雨、しかも、まだ止んでいない。。。チェンライの高原地帯=メースワイからウィアンパパオ、メカチャンあたりと其処から山に入ったほう。チェンマイとチェンライの間の御山の地域。こっちでも同様に降っていると、午後あたりから近所の川が大増水ですね。。あふれんばかりに、、、ワウィの苺屋さん、立て篭もりの準備を!!前回の大雨のときは、一月くらい船で、出入りしたかと。その後ダム湖周辺の道路のいくらかは高いところに付け替えたと。でも低くすぐ水に沈みそうなところもあります。

       この水系でイチバン氾濫しそうなところは、1098号線とコック川の交わる辺りとその(この道2キロ暗いかな?水の中を走ったことがあります!!)上手あたりでしょうか?堤防も全くないコック川と田んぼ。もっと上手のタンボンメーコック?は確りがっちり堤防があります。カリヴィアンでスタックして泥まみれになって泣いた事があります。

       まあ、一晩で、先月6月一月分くらいの雨が降ったのだと思います。。

       外のことも中のことも何もする機がしないので、とりあえず、由なしに、半月ぶりのブログの投稿を。。
      | 天気、天候 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:35 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://yamanosita.jugem.jp/trackback/191
        トラックバック