チェンライ隠居暮らし

タイの北方チェンライのその又ど田舎に住む足腰も弱り、頭も耄碌した死に損ないの爺が、chixennrai チェンライ田舎暮らしの日々を書き飛ばします。チェンライ耄碌爺の戯れ言とお目こぼしを,,
<< 4月10日あさ  | TOP | 4月11日  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    メーサイのたこ焼  
    0
       メーサイのたこ焼     20130410
       お父さんが3月中に亡くなって葬儀もすんだそうな。最後に連れ添っていた嫁さんが、まだ暫く飯屋をするそうな。二階に、遺骨を暫く安置しておくと。生前誼の有った方は線香をあげてやって下さい。店も暫くは続けるそうなので、ついでに彼女一人で作った飯も食って行ってください。ここ一二年はほとんど彼女が作っていたと思いますので。後、彼の作ったチーク家具など、沈香(伽羅)、白檀なんかの在庫がまだ可也有りそうなので、供養のため、興味のある方は買ってやって下さい。

      | ロングステイ | 11:12 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:12 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする